食育インストラクター養成講座と食育への関心度

「NPO日本食育インストラクター協会」認定! 服部幸應先生の「食育講座」はこちら♪

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ic_pikapika.gif

食育指導士講座と食育への関心度

食育の指導といえば松居一代さんや服部先生が有名です。食育指導士や食育インストラクターの講座も開催されています。これらの食育講座は通信講座でも行われています。こうした食育の資格を取得する人も増えてきています。また食育をとりいれた給食をだす小学校、労働における水産給食科学、地産地消のおかずやごはん、食育白書にもとづいた食育指導を行う機関もあります。

食育(しょくいく)の基本は旬の食材を適切に選び摂ることにあります。古来、日本料理は旬の素材を大切にしてきました。近年は、野菜の促成栽培や魚介類の養殖など季節にかかわらずほとんどのものを食べることができます。便利になった反面、食べ物の季節感が喪失してきたのも事実です。昔はビタミン剤も栄養補助食品もありませんでしたから、旬の食材をいただくということが健康を保つ一番の方法だったのです。

全国的に食育への関心が高まる中、菜園学習の手引きとなる「野菜を育てて学ぶ 食育実践BOOK」(家の光協会)が全国出版さました。著者はJA鳥取県食農教育支援センターの川上一郎理事長で、「食農教育は知識だけでなく、体感教育の実践が必要」と話していいます。川上さんは 「五感で覚える食農教育」を提唱するなど、実践重視の食育を推進する川上さんには、県内外から多くの講演依頼が寄せられており各地のJAや学校などでの講演活動にも取り組んでいます。

生活習慣病予防や体に無理のない「食育・美容ダイエット」も注目されています。 今や死亡原因の6割以上を占めるようになった生活習慣病も、正しい知識をもった食生活を送ることで予防が可能です。また、食育を学ぶことは、美容やダイエットにも活用できます。いろいろな食べ物の特性を知ることで、栄養バランスを管理し、カロリーや脂肪を適正にコントロールするメニューづくりができるようになります。食育の知識を身につけて実践してみてください。



まずは無料資料請求からどうぞ♪

服部幸應の食育インストラクター養成講座ic_pikapika.gif

 

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2